【知らないと損する】薬剤師がいる理由って?なにをしてくれているの?【薬剤師に頼ろう】

薬剤師のおしごと

薬剤師【知らないと損する】薬剤師がいる理由って?なにをしてくれているの?【薬剤師に頼ろう】

病院、調剤薬局、ドラックストアにいる白衣を着た「薬剤師」、何をしているの?何をしてくれるの?と思われている人もいるかと思います。薬剤師の活用方法を知らないあなたは損をしています!今回は薬剤師がやってくれることについて、紹介していきたいと思います。

お薬相談(市販薬、サプリを含む)

これは当たり前のことではあるのですが、処方箋をもっていないと薬剤師は対応してくれない・・・と思っていませんか?薬剤師はサプリメント、処方箋をもっていなくても、お薬相談の対応をしてくれます。ドラックストアではネームプレートのところに「薬剤師」と書かれているので、気楽に声をかけてみましょう。どの人か薬剤師か分からない場合は、店員さんに薬剤師にお薬相談をしたい旨を伝えましょう。こんな事を聞くのはちょっと・・・と思わずに、些細なことでも薬剤師は相談にのってくれますよ!

※当たりと、はずれの薬剤師がいます。一度聞いてイマイチだったからと諦めずに、気になったことがあれば相談しましょう!

実はこのお薬飲みにくい・・・ 錠剤からシロップ、粉などの変更も

いつも飲んでいるお薬。実は飲みにくいけど、まぁなんとか飲めている。わざわざ伝えなくてもいいか・・・なんて思ったことはありませんか?お薬は色々な、メーカーから発売されており、粉、液、口腔内崩壊錠などあらゆる剤型があらゆるメーカーから発売されています。医師もすべてを把握しているわけではないので、そのことを薬剤師に相談すると、より飲みやすい剤型に変更してくれることがありますよ。

お薬の管理が大変

お薬飲み忘れたり、管理が大変。薬剤師にそのことを伝えても、自分がしっかりしていれば良いだけだから。と諦めていませんか?「一包化」はご存じでしょうか?お薬をすべて服用時点で、まとめてくれる方法があります。高齢者がこの方法で飲んでいる方が多いですが、若い方でも対応可能です。ぜひ相談してみましょう。

些細な症状から副作用に気付く

最近少し咳がでる。かゆい。眠い。など少しでもいつもと違った症状がでたら、薬剤師に相談してみましょう。薬にはたくさんの副作用がありますが一つ一つ説明時に伝える事はしません。もしかしたらその症状が副作用である可能性があります。副作用の可能性を疑い、医師へ相談、お薬が変更になることもあります。普段苦しんでいた症状がまさか薬が原因なんて・・・!と気づくきっかけになります。

とりあえずなんでも聞いてみよう

こんなこと聞けない。こんなこと聞いても・・・。など些細なことを薬剤師に伝える事で、解決することがきっとあります。気軽に近所の薬局やドラックストアの薬剤師に話しかけてみてください。薬剤師は市販薬、サプリメントなど幅広く知識があるので、きっと役立つ情報をくれるはずです。

 

転職の相談は無料です!薬剤師としての自分の市場価値を知るためにも求人はこまめに確認することをおすすめします!!!

薬キャリ

ジョブデポ薬剤師

求人数10,000件以上だけではない!非公開求人も満載!
薬剤師転職ドットコム

ミスマッチのない転職♪1人1人の薬剤師さんにフルオーダーメイド提案実施!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

まずは気軽に相談でもOK、薬剤師求人を探すならココ!!【セルワーク薬剤師】

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

業界トップクラスの求人数!薬剤師転職なら「ヤクマッチ」

 

 

ぷろふぃーる
管理者
あやなな

大学病院勤務歴有/現役病院薬剤師10年目/副業薬剤師/将来の夢はアイドルだった/アイドルヲタ/漢方薬・生薬認定薬剤師取得/ライター

あやななをフォローする
薬剤師のおしごと
スポンサーリンク
あやななをフォローする
「薬剤師が○○してみたってよ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました